神戸市東灘区、阪急御影駅前・たつの矯正歯科クリニック(歯列矯正専門医院)

装置の種類

装置の種類

たつの矯正歯科クリニックで使われている矯正装置をご紹介します。0515nopain_pic1
装置にはたくさんの種類がありますので、患者様に最適なものを選んでいきます。


  • 中高生以降の矯正装置

〈表側の装置〉

ハイブリッドブラケットセラミックブラケット
異なった組成の合成樹脂を組み合わせることで、患者さんの歯を傷めず高機能を発揮するように設計されています。様々な症例に使用でき、歯牙移動のスピードアップや痛みの軽減も実現しています。材質が硬く、歯が削れないよう配慮が必要ですが、白い歯には目立ちません。お口の状態にもよりますが、白いワイヤーを使えばさらに一時的に目立たなくさせることができます。
pho01InVu口元

〈見えない装置〉

インビザラインstb
ブラケットを使わず、透明なマウスピース(インビザラインアライナー)を装着して歯ならびをきれいにする、全く新しい治療法です。取り外しができますので、食事の際やご旅行にも安心です。また、全世界の契約医院が提携していますので、海外への転勤やご帰国にも対応しています。当院はこのテクニックにも先駆けてとり組んできておりますので、お気軽にご相談下さい。従来までの裏側の装置よりも小さいので、喋りにくさや違和感が大きく改善されました。多少の話しづらさはありますが、裏側なので人に気付かれることなく日常生活を送ることができます。
Invisalign_Trio2img_sample02

  • 幼児・小学生の矯正装置

ムーシールドファンクショナルアプライアンス
ムーシールドは3歳児検診時の反対咬合に対応できる機能的顎矯正装置です。寝ている間の口内にこのマウスピースを装着して、反対咬合を改善し、顎が正常に成長するように促します。筋神経系に作用して骨格的な改善を図ることによって、顎の成長を正しく誘導することのできる効果的な装置です。

エキスパンジョンプレートマイオブレース
骨格的に問題が少なく、口の中が狭いことで歯ならびが悪くなっている子どもに、歯ならびの幅と奥行きを大きくしてスペースをつくる装置です。取りはずしができ、効果の高い装置です。小児期の矯正治療でうまく調整された患者さんは、お口の状態によっては小学生高学年頃に取り外し可能なマイオブレースを使用できます。主に就寝時に使用し、これで永久歯の歯並びや咬み合わせを治療します。


TOPへ